人生と時間は使いよう

人生と時間は使いよう

趣味や本、ニュース、愚痴やそのとき思ったことなどなど 好きかって書いている雑記ブログです

岡山で託児所(保育所)を開園する予定【母の手伝いシリーズ】

f:id:kirito19910909:20180302221728j:plain

 頭痛との戦いを繰り広げているジョーカーです。

 

こう書くと頭痛の話と思われるでしょうけど、今回は頭痛の話ではないです。

 

私の読者の方ならわかると思いますが、母の子ども関係の仕事の手伝いをしています。

 

私は、一円たりともなりませんがね。

その仕事の話です。

 

はい!!! 岡山で子育てしている人注目

 

 

岡山のどの場所で託児所(保育所)するのか?

どこにしようかなって話したんだけど、岡山駅がいいんじゃないって話が最初はあったんですよ。

 

なぜかって、駅前って人が集まるじゃないですか?

出勤する人も岡山駅を使ったり、路面電車を使ったりで、そこに託児所(保育所)があったら便利かなって・・・・

 

でも岡山駅の周辺ってすでに保育所がありますからね。

 

それに、一つ一つの規模がでかい。

そんなにいらないでしょうという結論に達した。託児所が多いことに別に悪いことではないけど、近くに作ってお子様の奪い合いをしても仕方がないです。

 

まず、先輩方に勝てるわけがない。勝てるとしたら値段で勝負することでしょうかね?

 

そうすれば、確実的に勝てる自信がある。でも、そんなことして潰しあいなんかしてもしょうがない。

 

よりいっそ、待機児童が増えるだけですよ。

母が岡山県保育所をうちのやり方に統一してやるよという意気込みがあるならまだしも、そんな度胸はない。

 

といっても所詮、新参者ですからね。最初は、先輩方を立てていつの間にか他の保育所が気づかぬうちに抜いているのが理想。

 

ということで、大元駅周辺で開園をしようと考えています。

 

なにが、ということなのか分からないですけど・・・・

もちろん北長瀬駅周辺も考えましたよ。でも、5件ぐらいあるのよね。庭瀬も最近出来ましたし。

 

そうやって探していくと、私たちのことを必要としている所は、大元駅周辺に必要かなって思ってその周辺で現在(3/2)探し中です。

 

大家さんの了承がなかなか得られない

周辺の住民からの理解を得られないのは、たぶんですけど音だと感じています。

保護者にとっては便利ですけど、子どもの声とかが響くのは嫌な人がいるのではないかと思います。理解されるまで、説明をしていかないといけない。

待機児童をなくすにはどうすればいいか考えてみた - 人生と時間は使いよう

 

 

前にもこう書いたんだけど、子どもって泣いたりとか大声で笑ったりとかすると思うんですよ。周りの住民からしたら、うるさいだとか迷惑だとか思われることだってある

 

このトラブルが運営者である方に文句が来ればいいのだけど、不動産や大家さん問題になりかねないんですよね。

 

こればかりはどうしようもないんですけど。どんなに対処しても絶対、うるさくはなります。

そういうトラブルが起こりそうだとわかると、良い物件があっても断られることが多いですね。

 

大家さんが子ども好きだとか、子どもは泣いてなんぼという風に思っていただいてる方なら、周辺トラブルがあっても何とかなるとは思うんですけど。これがなかなか難しい。

ないわけではないのでね託児所が、たぶん探せば貸してくれるとは思うんですけどね。

今年の4月には開園したいんです。

 

ちょっと話それるけど、

託児所と保育所や保育園の違いって何なのかな?

タイトルでは、託児所(保育所)になってると思います。

 

なぜかっていうと、違いが分からないですよ。

 

私が分からないということはみなさんももしかしたら、違いを分かってなこたがいるかもしれないなと・・・・

そして読んでる方が、誤解したら嫌だなと思って二つ書いています。

chigai-allguide.com

こちらを見ると保育園が通称名保育所というのが正式だそうです。

 

そして託児所が、結婚式場やイオンとかの複合施設にある子どもを預かってくれる場所のことを託児所と呼ぶみたいです。

 

母がやろうとしていることは、保育所にはなると思います。認可外の・・・・

だからって、託児所名乗ってはいけないかと言われればそんな決まりもなさそうですね。

 

認可と認可外で呼び方が認可外なら保育園や認可外が保育所みたいに違うならまだしも、どちらも保育所というところもありますからね。

 

○○幼稚園とかじゃなければ、問題ないのでしょう。

なので、うちでは基本託児所とします。

話の寄り道終わり。

 

託児所のブログを新しく作った

私フッと思ったんがあってですね

 

子ども関係のブログって子育てブログや子どもの病気の体験談などは、よく見かけるけど、子ども関係の専門家である保育士や幼稚園の教諭とかの仕事をしている人がブログを書いているっていう人っていないんじゃないと・・・

 

(もしかしたらあるかもしれないけど・・・)

 

だから、母に言ったんですよ。

 

ブログなくともネットで調べればいろいろな情報は出てくるでしょ。

でも、それが正しいのどうか?また自分の子どもにもそのやり方があっているのかていうのは分からない物ばかり。

 

折角託児所作るんなら、託児所ではこんなことしているという紹介のブログであり、保育士として子育ての情報を載せたブログを作ってみたらいいんじゃないって。

 

 最初はアメブロで書いてたから、そのまま書こうかなという話だったけど・・・

 

アメブロでは物足りない

母の話を聞いていくと個人宅でベビーシッターですけど。自分が知らない物だったり、子どもと接する中で喜ぶおもちゃや道具ってあるんですよ

最近聞いた話だと哺乳瓶です

 

今回は、その時の話はしませんが家庭によって使っている物が違うことってよくありますよね。

 

買ってみて後悔することだってあります。 

例えば、哺乳瓶でかわいいとか持ちやすいだとか思って買ってみても実際使ってみたら使い勝手が悪いことだってある。

だからって次の新しいものを買うのってやはり、難しいじゃないですか?

 

個人宅に行くとこういうのが良かった。こういう子供には、○○があうよとかこれは使い勝手が悪いなとかね。

 

色々な情報が入ってくるみたいなんですよ。

 

そういう情報をこれからブログで書いて行こうと思っても、そういう記事って商品紹介になってしまうんですよね。

おもちゃのレビューとかもそうですが。

 

そうするとアメブロさんでは、出来ないことがありますよね。アフィリエイト系が出来ないじゃないですか?

 

たぶんですけど、これからそういう記事が増えて行くと思います。

 

そうなると、消される可能性がある。

 

で、アフィリエイトが出来るgooglebloggerさんで作ったのが、託児所「つむぐ」というブログです。

 

こちらに移転したっていう話っすね。

 

書く内容としてはもちろん、託児所の内容だったりベビーシッターの出来事も書いたり、子どもの場面ごとの接し方をどうすればいいのかとかなども書いていきます。

 

それが、100%正しいというわけではなく、一つの考え方としてつむぐというブログで情報の場に出来たらいいと考えてます。私的には・・・

 

私がこう考えていてもどうなっていくかは母次第だけどね。

わたしは、ブログ自体には干渉しないので、どんなブログが出来るかはしらん。

 

私が母に求めているのが先ほど書いた内容です。

 

簡単にまとめると

  • 親の目線から物事を判断するのではなく保育士としての目線も取り入れて、どうすればいいのか?
  • 色んなメーカーさん(哺乳瓶など)がある中でお勧めは?

こんな感じなことを書いていってほしいです。

 

どんなに私も子ども好きと言っても私以上に子ども好きな母には負けますから。

 

子どもの考え方って面白いんですよ。親になると余裕がないみたいですけど・・・・

 

なので、どっちかというと子どもの目線に立ってのブログになるんじゃないかな?

とは思う。

 

母の仕事の手伝いをしていて思うことは。

 

子ども目線であり、ある場面での子どもをの心を読んで子どもはこういう時こう考えてるから親がどういう行動をすればいいのかとかね。

そんな感じで書きそう。 

 

まとめ

今回の内容は、子ども関係のブログを作ったから見てねっていうことと2018年4月に大元駅周辺で託児所を作る予定だから、詳しく聞きたい方、興味ある方は連絡頂戴っていう話でした。

 

tumugu-blog.blogspot.com

つむぐのブログの方にも、お問い合わせ先もありますし、Twitterもあるので気兼ねなくどうぞ!!!

3/2時点では自己紹介しかないですけど、不定期に更新はしていきます。

 

私の考えとして

幼稚園、託児所、保育所関係なく横のつながりが持てたらいいのにともってるよ。

情報交換の場があればうれしいかな

 

今回はここまで

広告を非表示にする