人生と時間は使いよう

人生と時間は使いよう

趣味や本、ニュース、愚痴やそのとき思ったことなどなど 好きかって書いている雑記ブログです

精神科の病院に始めて行って頭痛の正体は錯覚じゃない?と言われた。-頭痛体験談prat5

f:id:kirito19910909:20171209015739j:plain

前の記事

三つ目の病院。今までの症状から病名が断定はされなかった-頭痛体験談part4

 

人生初の精神科病院に行くことになるとはね。

 

 

3つ目の病院で紹介状を書いてもらって県内では有名な精神科の病院に来たわけです。

 

内容的には血液検査と脳波とやりました。

 

 

錯覚の場合

 

 

先生「紹介状見たけど、一応血液検査と脳波をやってみようか?」

ということで血液検査と脳波をとりに別室へ

 

脳波のやり方としては、頭に臭い油と測定する機械をたくさんつけての計測。

 

このまま記憶でもいじられるんじゃないって数付けられたな~~~~

 

検査終わった後、髪の毛をワックスを必要以上に漬けたんじゃないと思うぐらいにべちゃべちゃ。

 

記憶はいじられてないけど、髪の毛が寝癖がある感じに仕上がった。

 

この後の帰り道ハズイ。

 

だって、髪の毛を見たら分かる。ギトギトだし寝ぐせみたいになってるんだもん。

 

直そうと思っても直らないし、手もすごくギトギトになるわで、もう最悪。

 

その結果異常なしだもんな。

 

問題がないことが知れてよかったことはよかったけど、私の感情は右肩下がりですよ。

 

後日結果を聞きに

 

血液検査の結果はこんな感じ

f:id:kirito19910909:20171130024011j:plain
f:id:kirito19910909:20171130023942j:plain

 

なんかいろいろ調べてくれた。

 

素人の私が見てもなんのこっちゃってなる。

 

とにかく左が検査項目、真ん中が基準値。そして左が私の結果です。これを見て分かる通り基準値内。

 

特に問題はないというのが血液検査で証明された。

 

それともう一つ脳波も調べてもらったけど、異常なし。

 

 

もう、ただただ、健康なことが分かっていくだけです。

 

うれしいことではあるけど、悲しいことでもある。

 

今頭痛が起こっている症状が嘘だという証明にもなっているわけですよ。

 

だって、証拠がないじゃないですか?

 

先生「最初見たときから思ってた本当にストレスあるって?なんかすごく元気なんだけど・・・うつ病の人ってなんか・・・」「自分でも気づいてんじゃない?ストレスないって」

 

私「特にないですね。」

 

この時、思ったけど仕事していてストレスがない人間なんているだろうか?

 

人生をあきらめて、仕事ってこんなもんだろう。これが当たり前と思っているならまだしも・・・

 

新しい土地に引っ越しと新しい職場の人間関係でストレスはあったけどね。

 

関連記事

女性が泣くのって卑怯じゃない? - 人生と時間は使いよう

 

 

先生「ここので診断問題なしになるけど、他になんかある?」

 

私「最近眠れないことがありますね」

 

先生「睡眠障害か・・・それは頭痛で?」

 

私「そうですね。動悸とかも早い」

 

先生「睡眠を治せばいいのかな???どんな感じに痛い」

 

私「締め付けられたりズキズキしたりですね」

 

先生D「頭痛の症状だね!!!薬が効かなくストレスじゃないということは錯覚ってこともあるかも。どうするそっちの方面の薬飲んでみる?」

 

私「錯覚ですか?」

錯覚(さっかく、:illusion)とは、感覚器に異常がないのにもかかわらず、実際とは異なる知覚を得てしまう現象のことである。対象物に対して誤った感覚や認識を得るのが錯覚であり、存在しない対象物を存在すると見なしてしまう幻覚とは区別される。

錯覚 - Wikipedia

 錯覚はこんな感じで

 

 幻覚(げんかく、英語hallucination)とは、医学(とくに精神医学)用語の一つで、対象なき知覚、すなわち「実際には外界からの入力がない感覚を体験してしまう症状」をさす。聴覚、嗅覚、味覚、触覚などの幻覚も含むが、幻視の意味で使用されることもある。実際に入力のあった感覚情報を誤って体験する症状は錯覚と呼ばれる。

幻覚 - Wikipedia

 幻覚とはこういうことです。

 

 

先生「脳が痛いって信号を送ってる。それが誤作動を起こしてるかも。」

 

錯覚を抑える薬を進められたけど、やめました。

 

薬名は分からないのですが、詳しく聞いてみると、副作用があるということ。

 

錯覚だろうと幻覚だろうといいのだけど、それが本当に効いたとしての副作用だとしたらいいのです。

 

でも、全く関係なくその薬を飲んだわ、関係ないわで副作用だけが出てしまったら、いやなので飲むことをやめた。

 

試しに飲んでみるのもあるけど、うん、やっぱり怖い。もちろん飲んだことをリセットする薬もあるみたい。副作用もリセットされるかはわかないけど・・・・

 

まとめ

ここの病院では、錯覚という診断でした。ただ、薬を飲みたくなかったから断って終わった感じ。

このあと病院Cにも行って結果報告しました。

 

そして悲しいことに後日会社をクビになりました。

何回も休んじゃったから仕方がないのですけど、ドクターストップならぬ営業マンストップがかかっちゃった。

 

体調が戻ればよかったけど戻らないものだから、居させられないってことですね。

私は、まだやりたかったんです。仕事内容的には面白いし、充実してたから。

 

派遣元の評価もあるからね。私たちみたいな派遣社員を送って休まれちゃ、派遣先に不審に思われちゃう。

 

そして、一か月後その土地を離れて地元の岡山に帰ってきた。

 

興味ない方にはくだらない内容だとは思いますが、あと一つの病院の話だけお付き合いください。

その後にはツボやストレッチについて頭痛を治すために色々とやりました。

その記事も書きますので・・・・

<関連記事>
頭痛が起こる前日の話とどんなことを書くのかの説明が始まるよ - 頭痛体験談part0
頭痛に悩ませられたから病院へその結果緊張型頭痛との診断だったけど、薬って本当にこれで良いの?ー頭痛体験談part1
2つ目の病院で最終的に偏頭痛(片頭痛)という診断。今回の薬は効いてくれるだろうか?ー頭痛体験談part2
片頭痛の薬を処方された薬を飲んだけど、飲む前よりひどくなったから何回か病院へ-頭痛体験談part3
頭が割れそうでもう、どうしようもなかったー頭痛体験談part3.5
三つ目の病院。今までの症状から病名が断定はされなかった-頭痛体験談part4
・精神科の病院に始めて行って頭痛の正体は錯覚じゃない?と言われた。-頭痛体験談prat5⇔現在のここ
行き付けの病院に行った結果またまた偏頭痛との診断-頭痛体験談prat6
広告を非表示にする