人生と時間は使いよう

人生と時間は使いよう

趣味や本、ニュース、愚痴やそのとき思ったことなどなど 好きかって書いている雑記ブログです

2つ目の病院で最終的に偏頭痛(片頭痛)という診断。今回の薬は効いてくれるだろうか?ー頭痛体験談part2

f:id:kirito19910909:20171206001723j:plain

前の記事はこちら

頭痛に悩ませられたから病院へその結果緊張型頭痛との診断だったけど、薬って本当にこれで良いの?ー頭痛体験談part1

 

それにしても前回の薬を一週間飲んでも効果を感じられなかったんですよね。

 

本当に緊張型頭痛で合ってんの?診断まちがってるんじゃない??????

 

もし違ったらどうしてくれるんだ!!!!責任とれるんだろうな!!!!

 

自分の体のことだから余計心配。

 

このままじゃ本当に怖い。今行っている病院に行ってもいいけど、違う病気の可能性だってある。一つの病院で任せるのが不安で仕方がない。

 

だから、セカンドオピニオンではないですけど、もしかしたらってこともあるっていうことで違う病院に行くことにした。

 

 

本来なら紹介状を書いてもらうことが普通でしょうね。

 

でも私の経験上、紹介状を書いてもらったら、病状がそのままで最悪同じ薬で様子を見てみようで終わる。

 

それが普通なのかもしれない。でも、今回の頭痛は簡単に扱ってほしくないのです。

 

このまま何もしなければ、何の進展もしない。

 

ずっと、緊張型頭痛ですねで終わる。

 

同じなら同じでもいいけど、もう少しちゃんと調べてほしいかな?

 

この時の症状 

・吐き気

・頭痛

・目の奥の痛さ

・肩こり

まぶしいのはこの時はなかった。

 

そういう意味では、薬が効いたのかな?と思うけど、そっちじゃない。

 

確かに大事だけどそっちではない。私が問題ししているのは・・・・

 

病院BにGO

 

ここでの病院では三つのことを言われました。

生活習慣病

・緊張型と偏頭痛の両方

・偏頭痛

 

生活習慣病の可能性

 

もちろん前の病院のことを話をしたわけです。

 

私「前の病院で緊張型頭痛と診断で、こんな薬を飲んでいました」

 

こういって、処方箋を見せたんです。そしたら驚きの言葉が・・・・・ 

 

先生「普通、頭痛でデパケンなんて処方しないよ。デパケンうつ病の薬だから」

 

へ??????どういうこと??????私のことを騙したのか

もう、ある意味パニック

デパケンが調べていたんでうつ病の薬っていうのは分かっていたので医者じゃないのにデパケンうつ病の薬ですよね。って言いそうになった

 

でも、私が驚いたのは普通処方しないっていう所

 

嘘だろ。え?処方しない?

 

そんな薬を出すなんてありえなくないですか?偏頭痛の予防とはなっていたけれど、もともと処方されないものを出していいわけがないじゃないか。

 

 

あの先生、何の理由があってうつ病の薬なんて出すんだよ。私に対して嫌がらせ?

県外の住人だから???

 

普通に頭痛の人に出す薬出してくれよ。

 

病院Aの先生恨む。無駄なお金をだしてしまったってことじゃねぇぇか!!!

 

私にとってそっちが重要。何回も言うけど財布がさみしいんだよ。

 

ここの病院に着といて良かった。前の病院だと気づかないところだったよ。

 

そのまま薬を飲み続けることにもなりかねない。

 

本当によかった次の病院に来ていて・・・

 

しかし、よかったかどうかは効く薬を出してもらえるかだろう。

 

でも、今回は信頼できるなぜなら、前は内科。今回は頭痛専門の頭痛外来なのだから。

頭痛を専門にしている所ですよ。ここで、治らないってことはないでしょう。

 

先生B「考えられるとしたら今はやりの生活習慣病じゃない?」

 

 

生活習慣病とは、食生活や運動習慣、休養、喫煙、飲酒などの生活習慣によって引き起こされる病気の総称です。

生活習慣病に関連する病気として、がん、心臓病、脳卒中糖尿病高血圧脂質異常症高脂血症)、肥満などの病気が挙げられます。

生活習慣病とは|症状・原因・予防・食事|病気・症状チェック

ここで先生が言った生活習慣病とは運動不足のこと。 

食生活とか飲酒とかもあるのに、運動不足、そんなに太って見えたのだろうか?

 

先生B「そう、近くのコンビニ行くのにも車を使っていったりとかしてない?」

 

そんな高級なものを買う余裕なんてまずない。

自転車さえ持っていない状態。なので、どこ行くにしても徒歩なのですよ。

 

先生B「運動とかしてなくても起こるからね。歩いたりとか。さっき歩いてるって言ってるけど短いんじゃない?時間にして毎日15分は歩いて欲しいかな」

 

 

私「15分は歩いています。会社に出勤するのにも徒歩で往復1時間ですから。そしてここに来るのにも歩いてきています。時間にして二時間それも徒歩で・・・・」

 

決まったぜ!!!!

 

生活習慣病なんて起こるはずがないのだ

 

このあと先生に「よく歩いてこれたね」って言われたけど、お金がないのでって伝えといた。悲しい。

   

緊張型と偏頭痛両方の可能性

 

 

先生B「両方の要素を持っている可能性があるね。」

 

緊張型と偏頭痛が一緒に起こることもあるそうだ!!!

 

でもそれだと、症状ってどんな感じなんだろうか?

 

片頭痛はズキズキで緊張型は締め付けだったかな。

 

これが両方来ることを考えてみたけど。

 

ん~~~~~

 

想像できない。

 

要素的には持ってるのかもしれないね。

 

ズキズキも締め付けもあるから。

 

じゃ、薬って両方のまないといけないのではと考えるんだけどね 

 

先生B「緊張型は誰だって持っているからね。一応CT取ってこようか。それで判断するよ」

 

とのことでCTを撮りに・・・・

 

CTの結果

 

先生B「異常はないね」

 

よし。

 

偏頭痛だけの可能性

 

あっさり、緊張型は省かれたけど、CTの結果見たら、分かるもんなの?

 

でも、片頭痛だけになったからそういうことなのであろう。あまり考えたら終わりだろうな。

 

頭痛専門だから分かることがあると信じたい。

 

CTって最強なんだね。

 

先生B「あとは、聞いた症状なら偏頭痛だね」「まず、偏頭痛という診断で・・・・」

 このまずっていうのがまたまた怖いところではあるのだけども、頭痛の専門医が言うのだからあっているのあろうそう思いたい。

 

何度も言う無駄なお金を払いたくない。

 

ここでも偏頭痛に関する薬を貰うことに・・・・

処方された薬

レキソタン

不安や緊張を取り除く

アセトアミノフェン

痛みを和らげる。熱も下げる

・カフェイン

眠気、疲労感 頭痛

・スルガム100

痛みや炎症

ミオナール

筋肉の緊張を取る。コリや痛みなど

 

今回はやけに多いような。

 

どんな薬であっても効けば今の所それでいいので、この薬に掛けるしかない。

 

それぞれ7日分頂きました。

 

今回の薬は治るかなって思っていた矢先、吐き気は収まった。

 

おおおおおおおお!!!!やったじゃん。

 

ただ、頭痛の方が全くと言っていいほど収まらない。

 

そして、飲んでいる中で、だんだん痛くなってくる。

 

飲む前と飲んだ後を比べてみても後の方が痛さが強くなっている。

 

最初吐き気が収まったと思ったらまた始まった。一時的な物だったわけですよ。

 

頭すごく痛いし、吐き気がすごい。

 

ズキズキという痛さ。目の奥も痛くなってくるし、もうどうしようもない。

 

時間が経つにつれだんだん頭痛の痛さが増してくる。

 

これは、耐えられない。

 

薬を飲んでればいつかは治るそう信じて飲んでいたけど、もう耐えられない。

全然治らないじゃないか!!!!!

 

もうトイレで生活してるんじゃないかというぐらいいた。

 

吐き気だけでなんもでないというのは同じ。でもトイレにいなければ、不安いつ出すか分からない。

 

<関連記事>
頭痛が起こる前日の話とどんなことを書くのかの説明が始まるよ - 頭痛体験談part0
頭痛に悩ませられたから病院へその結果緊張型頭痛との診断だったけど、薬って本当にこれで良いの?ー頭痛体験談part1
・2つ目の病院で最終的に偏頭痛(片頭痛)という診断。今回の薬は効いてくれるだろうか?ー頭痛体験談part2⇔現在のここ
片頭痛の薬を処方された薬を飲んだけど、飲む前よりひどくなったから何回か病院へ-頭痛体験談part3
頭が割れそうでもう、どうしようもなかったー頭痛体験談part3.5
三つ目の病院。今までの症状から病名が断定はされなかった-頭痛体験談part4
精神科の病院に始めて行って頭痛の正体は錯覚じゃない?と言われた。-頭痛体験談prat5
行き付けの病院に行った結果またまた偏頭痛との診断-頭痛体験談prat6
広告を非表示にする