人生と時間は使いよう

人生と時間は使いよう

趣味や本、ニュース、愚痴やそのとき思ったことなどなど 好きかって書いている雑記ブログです

仕事を円滑にするには上司も報連相を行う必要がある

スポンサーリンク

 



こんにちは

ジョーカーです

報連相という言葉を皆さんは知っていますよね?

知らないという人はいないでしょう。仕事する上で、報連相は大切だと教えられるのだから。

ですが、この報連相をしろというわりには上司だとか管理職の人ってあまりしなくないですか?

 
そういうことで今回は報連相についてです。

実際みなさんほうれんそうって知ってますか?


茹でたらおいしいよね

そうそう茹でた後にごま油をかけて食べたらおいしいよねってそうじゃねぇよ

誰がほうれん草の話をした????

報連相のことだよ

報連相とは報告、連絡、相談のこと。



部下には報連相云々を言うのに上司は・・・・

上司って報連相が大事だというけど、実際やってないのではないのか?

新卒の人なら研修で報告、連絡、相談は重要だと教えられるであろう。

実際教えられる。

報連相は、何があったのか?今どこまでできているのか、何か困ったこととかの相談。

その内容によって上司がそれに見合ったことを指示する。

現場に出ても、何かあるごとに報連相が出来ていなければ怒られてしまう。

ですが、私たちはできていても、上司の方々って、それほど報連相できてなくない?と思ってしまう。

部下や同僚になら報告っていうのはまぁないでしょうが、連絡と相談って部下にだってやるべきことだと思うのだけど、やらなくない?

私たちの所に直接くる情報などはまぁいいとしましょう。ですが、上司経由の内容ってなかなか来なくない。もしくは、外回りでいなかったときに来た情報など

伝える前に上司も忘れてしまっている。

部下に対して報連相をする理由は


部下が上司に報告することで、上司には状況が集まることはわかると思います。

ですが、これって仕事をする上ではだめです。

なぜなら、情報が一方的になってしまい、社員のみんなが情報を共有できない状態になります。

仕事の状況を把握するすべがなくなる。

情報を回さないことでトラブルや仕事のやりやすさが変わってきます。

なので、部下が上司にだけではなく、上司も内容や状況の共有という意味で、部下に報連相をしないといけないと思います。

何気ない内容でも、人によってはそれが重要な内容になったり、モチベーションも変わるでしょう。なので情報交換は大切です。

ですが、上司は報連相を全くとは言いませんが、なくてもあまりしないところをよく見ませんか?

メールで送っといてくれてもいいですよ。でもこれさえやってくれない。

実際その時になって、聞いてないよってことがよくあります。

現場に行ってここ変更あること上司に伝えてたんだけど・・・・

聞いてないよ。そんな重要なこと。

上司に聞いてみると

忘れてた!!!

その時は覚えてたんだけどね

こんな言い訳したりだとか。

そのトラブル他の人も言ってたね。その時はこう解決したよ。

トラブルになるのわかっといて言わないのか?

報連相はどうした?????

ん??

報連相って部下が上司にだけではなく上司も部下にするべきだよね?

この場合は連絡だよね

なぜしないのでしょうか?

上司から部下に報連相することは違うと思っているのでしょうか?

やる必要がないとでも・・・・

これは、違うと思うけどね。

お互いに報告したり、連絡したり、相談したり、するべきことでしょう

何かあれば、部下の責任

報連相しないからって言われる。

上司自体報連相をしないのであれば、言わないでほしい。

上司的には後で良いかみたいな感じなんだろうけどね。

そして忘れる。

お互いに情報交換をすることが大切だと感じています。

そして何より良い仕事をするのにも報連相重要な問題になってきます。

上司が報連相する目的は


情報交換だけではなく、コミュニケーションや上下関係の信頼にもつながってくるでしょうに・・・・

それに、上司が部下に報連相をやるように言っても、上司自体がやらないのであれば、報連相をしようとは思いませんよ。

上司がやることで、見本になり今までやらなかった人がやるようになると思います


まとめ


報連相って仕事する上では重要なことだと思いますよ。

自分が分からないことや終わったことなど、新しい情報などがあった場合に報告や連絡、相談は必要。

でも、これをやっている人ってあまりいないと思うのですよ。

部下だけではなく上司も一緒に情報の報告や連絡、相談をあるごとにすることが

理想の環境です。

今回はここまで