人生と時間は使いよう

人生と時間は使いよう

趣味や本、ニュース、愚痴やそのとき思ったことなどなど 好きかって書いている雑記ブログです

私が実際にやっていた効率のいい暗記法

 



こんにちは

ジョーカーです

タイトル通りなのですが、そんなに大それた内容でないと思います。

みんなやっているよ。馬鹿にしないでというやり方だと考えていますがあえて書きます。

その方法は、指で書くこと

 


紙などに書くのと指で書くのでは効率が異なってきます。

紙に書くと頭を使わずに覚えた気になってしまうですが、指で書くことでは結果的に、頭を使うことになってしまうので、早く覚えてることが出来る。



まず、人間の記憶力とはどんなものなのか?


エビングハウス忘却曲線という言葉を聞いたことないでしょうか?

20分後には42%を忘れ、58%を記憶する

1時間後56%を忘れ、44%を記憶する

1日後には74%を忘れ、26%を記憶する。

1週間後には77%を忘れ、23%を記憶する

1ヶ月後には79%を忘れ、21%を記憶する。

ていうものです。

曲線の図もありますが自分で調べてみてね。

エビングハウス忘却曲線」で調べたら出てきます。

実際書くのがめんどい。

人間という生き物は、忘れて行くということですね。上の数値を見てもわかりますが。

これのいいことと悪いことは、いやなことがあったとしても楽しい思い出も、一か月後には忘れてしまうということですよね!!!!

ですが、いい思い出まで忘れたくなっていう方もいるでしょう。

ならどうするのだろうか?

それは、ドラえもんに頼んで、暗記パンを出してもらうことです。

 

 

 
これですね。
これならすぐに暗記できてしまう。学生にとって強い味方。
・・・・
・・・
なんでやねん!!!!!!!!
あるわけないやろ!!
まじめにやれ(;゚Д゚)
まじめに答えると指で書く方法
指で書くとはなんだ?
 

代表的なの暗記の仕方としては

・声に出して記憶する
・ノートに書いて覚える
・音楽を聴きながら
こんなのがあります。
そのままの意味なのですが一応それぞれを説明するなら
 

声を出して暗記

声を出すことで、視覚だけでなく聴覚でも暗記することでする
英語や国語などならいいのではないかなと私は思う
 

ノートなどに書いて覚える

何回も書くことで手が覚えてくれる。そうすることで、問題解くときも手が覚えているので、解くことが出来る。
ですが、ノートに書いて手で覚えても頭に入っていますか?
たまに度忘れしてしまいますよね。
 

音楽を聴きながらも書く

自分が好きな曲を聴きながら、リズムよく覚えて行くというやり方です
これもそうですが・・・・・
音楽に集中しすぎて勉強できているのかわからないと言ことにないりかねない。
これらはそれぞれデメリットがあります。それに効率も悪いです。
本当に理解しているのかと聞かれて皆さんはできてると答えられますか?
私はできてないと答えますけどね!!!
私自身中学まではこのやり方をやっていました。紙に書いてただ、その時は覚えた気になってテストの時は全然できない。
こんなことがざらで中学なん学年で最後か数えた方が早いところにいました。
紙に書くことは無駄な時間だなと思ってしまうのは私だけでしょうか?
ではどうするのか
私がおすすめするやり方は、ノートなどを使わずに指で書いていく。
 

指で書くとは?

私のイメージになってしまうのですが、頭に文字を書くというイメージといえばいいのですかね。
どういえばいいのかわからないですけど、頭の中にノートをイメージしてそこに文字を書いていく感じといえばわかりますかね?
とにかく覚える単語などを、ペンを持たずに指で書く。それを何回も繰り返しすることで確実に覚えて行く。
例えば、youを覚えようとするなら、頭にyouという文字を浮かべてなぞる?感じ。
ノートをまとめたり、きれいに書こうとするとそれだけで覚えるのに時間がかかってしまう。
なので、指で書くと単語を覚えることに集中できてしまう。
それに、ノートを書くと、頭を使わずに済んでしまいがちになります。
折角人間には記憶する脳というノートの変わりの物があるのにそれを使わないなんてもったいないです。
私は高校生の時にこれに切り替えたら学年一位までになった。(本当の話である)
ブログ主の体験談
もっと暴露するなら、テストの点が0点だったのが100点になりました。
奇跡的である。苦手な英語でさえ・・・・・
 

まとめ

ノートに書いてしまうと勉強したつもりになって実際問題を解くときに覚えてないことや思い出せないことがあります。
頭に刷り込んでいくことで、確実に覚えていけると思います。
一番いいのは自分に合っているやり方ですけどね。
上で上げた声出しや音楽聞きながら書くときにノートではなく指で書くことで、覚えやすくなると思います。
どんなやり方も、とにかく繰り返し書いていくということで、忘れて行くことは少なくなっていきます。
 
今日はここまで

 

広告を非表示にする